▼投稿記事

▼我慢と根性の昭和のマラソン先達

【★参照:Wikipedia 重松森雄のコメント≫】

他とは実力差があり、よく1人で走った。そこで、妥協しないように採り入れたのが、歩かない事だけを決め、近くの山の頂上まで走る事だった。往復で約2時間半。獣道のような道なき道で【自分を追い込んだ】・・・JA農協 脇山支所前をスタート~板屋峠~背振山頂下~三瀬峠 40Km

★福岡県福岡市早良区脇山(大字)591−1≫

・・・・・・・・・・

【★参照 : WiKipedia 池中康雄≫】

戦後の荒廃、娯楽の無い時代、1953年、第1回別府毎日マラソン大会。私の同じ校区に居住の幻のオリンピックマラソン日本代表,池中康雄(つつみの卒業高校の恩師)先生が進言し開催。戦後の荒廃、娯楽の無い時代、1953年、第1回別府毎日マラソン大会。私の同じ校区に居住の幻のオリンピックマラソン日本代表,池中康雄先生が進言し開催。