2018年1月16日火曜日

▼我慢と根性の昭和のマラソン先達

●戦後の荒廃、学校は地域の活性カンフル剤/生徒は地域校区の希望で宝/市県地区駅伝大会は地域住民の熱烈な校旗小旗振る沿道応援/地域の情熱校区駅伝マラソン熱は半端で無かった。

我慢&根性が看板の戦後の毎日朝日マラソン/沿道に鋭気を放った先達の選手、沿道応援の老弱男女成人の多くの大人、既に世を去り,今は,あの時代から次の次のゆとり、全部とは言わぬが/争わないマイホームパパも目立つ高校大學駅伝指導者/結果を求める情熱、我慢や根性の講話は一笑に付され通じなくなった。

【全国高校駅伝歴代優勝校】

【参照:Wikipedia重松森雄】【コメント】

他とは実力差があり、よく1人で走った。そこで、妥協しないように採り入れたのが、歩かない事だけを決め、近くの山の頂上まで走る事だった。往復で約2時間半。獣道のような道なき道【自分を追い込んだ】・・・

福岡県福岡市早良区脇山(大字)591−1≫★

●【原点回帰】50~60年前のマラソン先達が口癖の山間丘陵登山登坂鍛錬/凹凸獣道コース、日に50Kmの距離走の昔話/50~60年後の今、昔話に【原点回帰】。理屈抜きに凹凸山間コース走り込み/小中高生の驚愕の飛躍/週末練習参加無料【前日迄に申込下さい】

戦後の荒廃、娯楽の無い時代、1953年、第1回別府毎日マラソン大会。私の同じ校区に居住の幻のオリンピックマラソン日本代表,池中康雄(堤の高校の恩師)先生が進言し開催。【参照 : WiKipedia 池中康雄 】


▼つつみ教室の考え

【記】
当教室の活動は、福岡市近隣/陸上に理解企業の窓口に/駅伝主体の実業団に異論/マラソンロード選手希望・トラック中距離選手希望の新卒就活面談開拓と今後の広報活動が主体/企業数社から新卒就活面談受け入れ賛同頂き/又/小学生club指導者主催の陸上駅伝競走大会に企業側から運営費協賛/物品支援も頂いています。職場ランニング健康club創設/検討企業も存在。併せて陸上指導

情熱ある民間小学生駅伝陸上指導者が21年続ける全九州小学生駅伝競走大会の存在。逆に、情熱個性の指導者が見当たらない2018年、福岡県の中高校駅伝の衰退/情熱どんぐりの背比べ崩壊寸前の県内中高校駅伝/小学生駅伝陸上club指導者が2018年に決起/秀でた中高生を引き続き小学生駅伝陸上club指導者が情熱指導小学生駅伝陸上club指導者が野球サッカー連盟と同様に/活動の幅を広げ、高校駅伝の世界に若い情熱指導者を送り込む。

中学生が県外から福岡県内へ駅伝留学/今では福岡県外へ駅伝留学/先達の情熱財産崩壊。